加齢臭とメタボの関係

加齢臭は、ノネナールという物質の発生し、においが伴います。
中高年に多いとされるため、加齢臭と呼ばれているようです。
加齢臭は、皮脂腺から分泌される皮脂が酸化したり、
常在菌によって醗酵したりするために起こります。

肥満傾向にある人を対象に、
厚生労働省が指針を発表してから、
メタボリック症候群という言葉が聞かれるようになりました。
メタボリック症候群は、胴回り85cm以上など基準があります。
主な発症理由に、運動不足、暴飲暴食、ストレス、
煙草やアルコールの摂取などがあります。

メタボリック症候群が懸念されている理由に、
生活習慣病とのつながりがあります。
心疾患や高血圧、糖尿病に直結する原因と言われています。
また、メタボリック症候群の人に見られる食生活が、
高脂肪、高カロリーの食事内容を好んで摂取している事が多いようです。
このように、高脂肪の食事を好んでする事は、
皮脂の分泌量が多くなる事を示しています。
皮脂の分泌が多いと加齢臭や体臭の原因を作り出していることになります。

また、メタボリック症候群の人の体臭をメタボ臭と表現する事もあります。
臭いの原因は、加齢臭とほぼ同じと考えられているようです。
メタボリック症候群が原因で、
加齢臭に繋がる事は、あまり知られていないようです。
メタボリック症候群を予防する事で、
加齢臭にも効果が期待できます。

食生活や生活習慣を見直してみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ