加齢臭とワキに現れる原因

加齢臭とワキに現れる臭いの原因は、
どちらも体に汚れや汗を取り除く事で、予防できます。
加齢臭は、皮脂腺から分泌された脂肪酸が、
空気に触れ酸化される事や
皮膚の常在菌によって醗酵されるときに発生するノネナールというものが
臭いの原因になっています。

ワキガの原因は、脇の下のアポクリン腺と言う汗腺から出た汗が、
常在菌に分解されるときに発生する臭いを言います。
臭いの元になっている物質は、異なるものです。
どちらも常在菌による分解が臭いの元になり、
そこに皮脂腺から分泌された皮脂がまざり、
特有の臭いを発しているようです。
臭いを防止するためには、体を清潔に保ち、食生活にも注意が必要です。
油分の多い食事は、皮脂量を増やし、臭いの元になります。

最近では、食事の内容が欧米化され、肉類が好まれています。
野菜や穀物、魚類など、本来の日本食は、
健康にもよく、臭いの原因となる脂肪酸も抑える事ができます。

加齢臭やワキガに悩む人には、適切な食事内容といえます。
また、脇毛は、臭いを留めてしまう性質があるので、
除去した方が臭いを抑える事ができるようです。
加齢臭を防止する事は、ワキガの予防にも役立つので、
実践すると効果が期待できるようです。

日本人は比較的体臭が少なく、臭いに敏感な民族といえます。
毎日実行できる方法で臭いを防ぎたいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ