加齢臭と口臭の関係

加齢臭は年齢を重ねて、
新陳代謝の低下や臓器の働きが弱まる事も関係があります。
しかし最近では、25歳以降でも加齢臭が現れる場合があるようです。

加齢臭の中には、口臭も含まれます。
自分の口臭や体臭は気づきにくい性質を持っています。
年齢とともに、体臭と口臭に配慮した方が良いと言えます。
口臭が起こる理由には、さまざまなものがあります。
虫歯や歯槽膿漏の口内の環境から起こるものと、
内臓の不調から現れるものがあります。
口内環境が悪い場合は、
歯科医院で虫歯の治療や歯肉炎の治療を行うと良いでしょう。
入れ歯を使用している人も入れ歯の手入れを行い、
適切に使用できるように歯科医院で調節してもらうと良いでしょう。

口内は、歯磨きを行っていても、
完全に雑菌を取り除く事はできません。
糸楊枝やマウスウォッシュを併用すると口臭予防になるようです。

また、舌の表面に付着している舌苔も臭いの原因になります。
舌磨きを習慣化するとより効果が期待できます。
口内環境が良い状態なのに、
口臭が気になる場合は、内臓の不調が疑われます。
胃の調子が悪い、体調に変調があり、口臭が気になる場合は、
内科などを受診して、肝臓や腎臓に異常がないか、
検診を受けると良いでしょう。

加齢臭は年齢とともに体の衰えが現れ始めたシグナルでもあります。
口内環境を整え体調の変化に気を配る事も、においの防止に繋がります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ