加齢臭と女性の場合

加齢臭というと男性に見られるものと思いがちです。
女性にも加齢臭は起こります。
女性が加齢臭を感じにくいのは、
女性ホルモンの働きが関わっています。
においの原因を増加させないためにも、
女性ホルモンの作用を円滑に保つ必要があります。

女性は、男性に比べ脂肪を多く蓄積しています。
酸化されにくいのは、女性ホルモンの作用があるためです。
月経がある間はこの作用が働いているので、においが抑えられています。
しかし閉経後は、ホルモンの作用が変化し、
男性のホルモンの働きと同じものになります。
従って、脂肪を酸化から抑制していた物質が減少するため、
においの原因が増加傾向に傾くことになります。

この事を含め、女性の加齢臭は
50代ごろから始めるケースが多く見られるようです。
しかし、近年では、女性の社会進出も進み、
ストレスや不規則な生活から、ホルモンが正常に作用せず、
若年性更年期や閉経などが増えている事が問題視されています。

このようなことから若い女性でも、
体臭に変化を感じている人もいるようです。
女性ホルモンの作用を手助けする働きがある
イソフラボンが多く含まれる大豆製品を積極的に食事に取り入れましょう。
女性ホルモンの働きを正常に保つ事も、
加齢臭の防止に繋がるようです。

また、においを防止する製品を活用する事でも、
においを一時的に抑える事も可能です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ