加齢臭と性別の違い

加齢臭という言葉を耳にするようになってから、
特に男性は、臭いのケアをこまめに行っている人が増えているようです。
加齢臭は、男性特有のものと感じている人も多くいるようです。
しかし、加齢臭は女性にも起こります。

女性に加齢臭をあまり感じないのは、
女性の方が皮脂の分泌量が平均して少ないからです。
女性ホルモンの働きでノネナールという臭い物質が少ないからです。
しかし閉経してしまうと、女性ホルモンの働きが弱まります。
臭いの原因が増えるようになります。

日本人は、毎日の入浴が習慣化されており、
臭いに敏感な国民性を持っています。
そのため、加齢臭のにおいを不潔だと感じる人も多くいます。
加齢臭や体臭などは、自分では分かりにくいです。
過剰に臭いの防止策を講じる人も見受けられます。

男性の加齢臭は40代ごろから始まり、
女性は50代から閉経後に始まるケースが多いようです。
最近では女性ばかりでなく、男性も臭いに敏感な人も多いです。
臭いを防止するケア用品などを使用している人も多くいるようです。
体内から、臭いを防止するサプリメントやガムなども
男性を対象にした商品も多く見られます。

臭いのケアも身だしなみと捉えましょう。
このような商品は、男女問わず多くの人に指示されているようです。
加齢臭の性別の違いは、
臭いに敏感であるかどうかにも違いがあるようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ