加齢臭と足に現れる臭いの原因

加齢臭は、中高年層頃から現れるものでした。
最近では、25歳以降になると加齢臭を伴う人も見られるようです。
加齢臭の原因には、さまざまなものがあります。
体の部位ごとに見てみると、足にも原因があります。
足は、常に靴などに覆われ、蒸れやすい環境にあります。
このため、細菌の繁殖などが目立ち、臭いの元になっています。

足には、皮脂腺が少ないように感じられます。
足の甲などには多く皮脂腺が存在しています。
この皮脂腺も他の部位と同じように皮脂を分泌し、
酸化する事で臭いの元となります。
足の臭いを防止するには、蒸れないようにし、
雑菌を洗い流す事が有効のようです。

足は、常に靴やスリッパを履く事で、
蒸れている状態が続き、雑菌が繁殖しやすい状態です。
加齢臭のほかにも、水虫の原因にもなります。
水虫は、白癬菌により発症します。
白癬菌は、温度と湿度が高いところを好むので、
水虫の症状を悪化させてしまう事もあります。
このようなことから、臭いの原因も足には多く存在しています。
加齢臭を防ぐには、靴下を履き替えたり、
通気性の良い靴に替えたりする事が良いようです。

また、足の裏や指の間など、よく洗浄し、清潔に保ちましょう。
通気性を高めておく事も大切であるといえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ