加齢臭と顔に現れる原因

加齢臭は不潔なイメージがあり、嫌悪感を示す人もいます。
ですが加齢臭は毎日入浴し清潔にしていても現れる現象です。
加齢臭の臭いは耳の回りや
耳の裏側から発生する事が多いと言われています。
その他の箇所では、頭や顔にも原因があるようです。

顔は毛穴と汗腺、皮脂腺が多く点在している部位です。
ですから、加齢臭の原因ともいえます。
顔は敏感でいつも空気に触れているため、
正しいケアを行わないと、肌荒れやニキビの原因になります。
特に、小鼻の周りや額と鼻筋を示すTゾーンは皮脂が多く分泌されやいです。
放置しておくと酸化が進み、臭いの原因になるようです。

女性の場合は、化粧前などに洗顔を行い入浴中に化粧を落とし
洗顔を行うので比較的余計な皮脂分を洗い流しています。
臭いの原因物質は洗い落とされているようです。

男性は、念入りに洗顔を行う事が少なく、
ぬるま湯や水だけで顔を洗う人もいるようです。
このような洗顔では、余計な皮脂分を洗い流す事が出来ません。
臭いの原因物質を顔に残していることになります。
ですから洗顔料を使用して、余計な皮脂分は洗い流し、
清潔に保つ事も加齢臭の防止に繋がります。

また耳の回りや裏側も洗い
耳の掃除もこまめに行うと良いようです。
加齢臭は、中年層になる頃に現れる体の変化です。
臭いを防止できる製品も多数市販されているので
活用すると良いようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ