加齢臭の原因になる頭髪

加齢臭は、中高年層に見られる体臭を言います。
主な原因は皮脂にあるようです。
加齢臭には皮脂の分泌やホルモンの作用が関わっています。

加齢臭を強める原因のひとつに頭髪によるものがあります。
頭皮は、皮脂腺も多く頭皮臭を発します。
毎日、髪を洗っていても、
季節によって汗や外気の影響を受けやすいのも頭皮です。
頭皮は、数多くの毛穴の近くに皮脂腺があります。
皮脂腺から分泌された皮脂は雑菌が繁殖しやすく、
臭いを発生させます。

また髪の毛は、煙草や食事の臭いが付きやすいようです。
焼肉店で食事をした後などが分かりやすいでしょう。
それから、髪を整えるために使用するスプレーや
ワックスなどの臭いも加齢臭を助長する場合があります。
特にワックスなど油分の多い整髪剤は、
時間とともに油分が酸化し、臭いを変化させます。
加齢臭と酸化した整髪剤の臭いが混ざりあい、
特有の臭いを発生させることになります。

加齢臭が一番分かる箇所は、襟足と耳の裏です。
この箇所を触った後に、臭いを嗅いでみると、
加齢臭であるかどうか分かるようです。
頭髪から発生される臭いと、
体内の変化で現れる加齢臭が混ざり合う事で、
臭いが強くなります。
毎日髪と頭皮を洗い、清潔に保つ事が大切であるといえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ